私のこと

自己紹介

投稿日:2020年6月1日 更新日:

こんなことしてます

オンラインヒンディー語クラスを中心に外国人向けの日本語教材作成などを行っています。最近は翻訳のお仕事なども頂きながら進めています。

今まで

富山県生まれ(1995)

山と田に囲まれた幼少期。

高校生は進学校の落ちこぼれ(都会へのあこがれと外国への関心で3年間、毎日猛勉強するも浪人)

大阪大学外国語学部ヒンディー語専攻入学(2015)

ベリーダンスサークルの1員として関西各地のイベントに出演。この頃はヒンディー語よりベリーに夢中

休学中にフィジー共和国にてフイールドワーク、世界青年の船乗船、北インドの教育系NGOにてインターンシップ

2019年春からオンラインヒンディー語教室を開講

アゼルバイジャン人(カスピ海の近くの国の人)に出会い、1か月の訪問も。この出会いがインドをいろんな角度から感じるきっかけになった。

大阪大学外国語学部ヒンディー語専攻卒(2020)

-私のこと

執筆者:


  1. 安カ川真里子 より:

    優紀子さんの事、お母さんに聞きました。
    富山の近所のおばさんです。
    インドは二度行き、北部チベット近くの山岳信仰の山付近まで行った事が有りますよ。途中ビートルズもヨガで滞在したヨガの聖地寺院も行きました。一昨年、南部インドかアフリカサバンナかと迷ったのですが南部アフリカへ行って来ました。
    スーダンで医師をしている川原さんに賛同し毎年寄付金をしています。インド・アフリカ・南米アマゾンの人々と少しだけ接したけど僻地好きです。優紀子さん 頑張ってください。出来れば遊んで下さい。

    • yukko09201106 より:

      安ヶ川さん
      お久しぶりです。コメントありがとうございます。お返事、遅くなり申し訳ありません
      長く日が空いてしまいましたが、次回、帰省した際にはぜひお会いしたいです

      僻地好きのお話は楽しみです、!お話聞かせてください
      お会いできる日、楽しみにしております

ネイティブと基礎力&実践力を一気に向上! – ナマステゆききのあれこれ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

なぜヒンディー語を始めた?

よく聞かれる質問なのでまとめてみます!大学の専門をアジアのマイナー言語?に選択することは上の写真のように中の見えない川を歩くような冒険だったのかもしれません(笑)他人に言われて気づきました! 目次1 …

世界一幸せな国で見たインド文化

目次1 フィジーって?2 フィジーに見られるインド文化3 私がフィジーに興味を持ったわけ4 フィジーに行ったきっかけ5 フィジーでインド人家族の家にホームステイ6 私が考えるフィジーの美しさ フィジー …

no image

点数がない言語を学ぶ楽しさ

  ヒンディー語には資格がありません。 これをラッキーと考えますか? それとも認められにくくてツライと考えますか? どうでもいいと考えますか? どれもあると思います。 私の場合、専攻として選 …