0から本気でヒンディー語攻略 YouTube ヒンディー語 文法

【文法5】所有表現2「〜の」

投稿日:

 
前回の内容も所有表現だったけど今日のものとは何が違うの?
 
 
前回は英語のhaveの意味がある「〜を持っています」。今回は英語のofに相当する「〜の」ですね
 
 
覚えることは多い?
 
 
前回よりは多いけどとっても便利な表現!

この内容のYouTube

明確にしたい大前提!

1、今日の内容は日本語の「の」英語の「of」に相当するもの!

2、ヒンディー語では後ろに来る単語の性別と数によって形が変わる

 例:「私の家」と表現したい時「私の」の形は後ろに続く「家」が男性名詞か女性名詞か、単数か複数か………というふうに後ろに来る単語の特徴に応じて変化します。

変化の仕方は3つ

3つの所有表現の後ろに続く表現の特徴

(A)男性名詞 単数形 主格

(B)男性名詞 複数形 主格/ 男性名詞 単数形 後置格

(C)女性名詞

 

主格とは 単語の後ろに後置詞がない時

後置格とは 単語の後ろに後置詞がある時

後置詞とは?

英語の前置詞のイメージ

日本語の格助詞「で、の、から」など

「家で」を英語とヒンディー語で考えると….

英語: At home

Atはhomeの前にあるので前置詞

 

ヒンディー語: ghar men

menはgharの後ろにあるので後置詞

実際の形

  私の あなたの
(A)男性名詞 単数形 主格 Mera Aapka

(B)男性名詞 複数形 主格/

    男性名詞 単数形 後置格

Mere Aapke
(C)女性名詞 Meri Aapki

 

  お前の 彼/彼女の
(A)男性名詞 単数形 主格 Tera Uska

(B)男性名詞 複数形 主格/

    男性名詞 単数形 後置格

Tere Uske
(C)女性名詞 Teri Uski

 

  君の 彼らの
(A)男性名詞 単数形 主格 Tumhaara Unka

(B)男性名詞 複数形 主格/

    男性名詞 単数形 後置格

Tumhaare Unke
(C)女性名詞 Tumhaari Unki

 

例文

1、彼は私の友達です (Mera: dostが男性名詞単数形+後ろに後置詞がないので主格だから)

Vh mera dost hai

2、彼の家で (Uske: gharが男性名詞単数形+後ろに後置詞menがあるから

Uske ghar men

3、オフィス鍵 (ki: chaabiiが女性名詞だから)

Office ki chaabii

4、私の車 (Meri: gaadiiが女性名詞だから)

Meri gaadii

5、彼女のカバン(Uska: bagが男性名詞単数形+後ろに後置詞がないので主格だから)

Uska bag

6、会社名前 (ka: naamが男性名詞単数形+後ろに後置詞がないので主格だから)

company ka naam

-0から本気でヒンディー語攻略, YouTube, ヒンディー語, 文法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【中上級者向け】お気に入りの動画から 使えそうなフレーズを抜粋! 〜参加型リスニング練習〜

最近、リスニング練習に積極的に取り組んでくださっている方が何人かいます。 そこで皆さんの好き!もしくは使えそう!と思ったフレーズを共有していただいて私がまとめてブログもしくはYouTubeで公開しよう …

【0から本気でヒンディー語攻略】HP連携予定のお知らせ

約2ヶ月にわたってYouTubeで「0から本気でヒンディー語攻略」というタイトルで基礎文法やヒンディー語学習のコツ、インドの小ネタを発信してきました。 YouTubeは今後も継続していく予定ですがもう …

ネイティブと基礎力&実践力を身につける!

目次1 ねらい2 プラン3 レッスン時間4 レッスン料5 レッスン方法6 講師紹介7 お問い合わせ ねらい ・母語が同じ人から文法や基本を習うことでしっかり理解(基礎) ・ネイティブと会話することでよ …

【文法4】所有の形(〜を持っています)

  ヒンディー語の所有は概念がユニークって聞いたけどどうなの?     そうそう!最初のちょっとびっくりする文法だね     なるほど、難しい?     理解さえしたら難しくはないよ! 目次1 この内 …

ヒンディー語学習0時間目 ~私が知っておきたかった事~

私自身がヒンディー語を学習する前に知っておきたかった特徴を書いてみます ※これは個人的な意見です。また私は言語学者ではありませんので正解不正解を求めてはいません。 目次1 男性名詞女性名詞がある2 主 …